アフィリエイトの種類

アフィリエイトって簡単に稼げそうだな。

って思っているなら、ちょっと考え方を変えたほうがいいです。

何故なら、アフィリエイトの広告っていくつか種類があって、
稼げる金額も変わってくるからなんです。

じゃあ、いったいどんな種類の広告があるのかですけど、大きく
分けて3つあります。

1. 表示回数報酬広告

2. クリック保障報酬広告

3.成果報酬広告

この3つが代表的なアフィリエイト広告です。

それぞれを簡単に説明すると、『表示回数報酬広告』は、広告が
表示されるだけで報酬が入ります。

ただ1回表示されてもその報酬は1円にも満たない金額なので、
ブログやホームページのアクセス数が多くないと稼げません。

『クリック保障報酬広告』は、広告をクリックするだけで報酬
が入ります。

1回のクリックで1円とか10円とかで、スポンサー(広告主)に
よって報酬は違ってきます。

これだったら自分で何回もクリックしたら稼げるやん、
って今、思いませんでしたか?

そういうインチキはスグにバレてしまう仕組みなので、それは
できません。

それに自分で何回もクリックしたりすると、広告停止や報酬が無効に
なることもあるので、インチキはヤメてくださいね。

一番稼げて、今主流になっているアフィリエイトは
『成果報酬広告』です。

広告をクリックしても報酬は入りません、クリックした後に表示
される販売サイトで購入された場合にだけ報酬が発生します。

この場合の報酬は、安いもので1,000円前後から高いもので、
数万円の報酬が入ります。

アフィリエイトで大きく稼ぐには、この『成果報酬』による広告、
これしかありません。

アフィリエイトで稼ぐなら、やっぱり『成果報酬広告』

これが一番稼げます。

表示してもクリックしただけでも報酬は入りませんけど、広告を
クリックしたあとに、掲載されている商品やサービスを、クリック
した人が購入してくれたら、報酬が入る仕組みになっています。

この場合の報酬額は、大きいものでは購入金額の40%とか60%など、とても高い
報酬が期待できます。

つまり、アフィリエイトで大きく稼げるんです。

例えば、10,000円の商品を成果報酬型広告経由で購入して、その
報酬額が購入金額の50%だったとします。すると

10,000円 × 50% = 5,000円

がアフィリエイト報酬額として稼ぐことができます。

10人が購入してくれたら50,000円です。

同じ額を稼ぐのに、1クリック10円のクリック保証型広告だと
5,000回クリックしてもらわなければなりませんよね。

1表示0.01円の表示保障型広告なら、500万アクセスが必要です。

どの種類のアフィリエイト広告にも一長一短はあります。

けど、大きく稼ぐためには、成果報酬型アフィリエイトで稼ぐの
が一番です。

成果報酬型アフィリエイトならブログアフィリエイトでも、
メルマガアフィリエイトでも稼ぐことができますからね。

稼ぐなら成果報酬型アフィリエイトです。

ですが、他のアフィリエイト併用しながら行うことによってリスクヘッジが行えますので

併用して行うようにしてくださいね。

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする